2017年09月21日

バステイカー

月乃舎さんからお写真を頂きました。

先日の釣果をご報告だそうです!

46578715-F327-47C9-BAB1-F5CAD57C1040.jpg24D70C60-2C7F-4A48-8D34-5DD40A09CC47.jpgBC794249-1705-4D74-9E92-A8F453E31374.jpg33F71211-7C23-4B8C-B0A6-125CB020293A.jpg

「写真が無いですが阿藤さんがダムトーで35位。

河野さんがバステイカーで

45と42

あとはピックアップ寸前でとった30位(バステイカー)

あとバイトはバステイカーで10発位もらってます。


あと最後に4Sダムトーアンカーオリカラの3本(笑)」

だそうです!なんだか皆さんで使ってもらって嬉しいやら恥ずかしいやら。でも本当にありがたいですね!

またのご報告をおまちしております!

#4sandparabolics 

#topwater #bassfishing 

#basstaker #4s #dumbtorpedo

#バステイカー #ダムトーピード

#トップウォーター #バス釣り

posted by 4S at 17:53| Comment(0) | 釣果投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

釣り人としての艶

E826E2BC-89A6-43AF-89F0-97025D9D9400.jpg
9DEAB681-59F7-49C2-BC57-1BB47E328596.jpg

近頃釣り人としてAV男優の様な艶が出てきた男からの投稿です(ちょっと前の魚ですみません!)ピステイカーで50アップと、アディクトでそこそこのだそうです!ありがとう!そしてさらなる艶を求めて磨いていくのだ笑



posted by 4S at 01:56| Comment(0) | 釣り人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

かわせみ

4724095E-0912-4FCF-ACF0-09EC5AA7CCCF.jpg

ロビンのオリカラを塗りました。
イメージはかわせみ。

カワセミは僕もとってもお気に入りの鳥で、それをロビンにどう落とし込むか?
簡単な様でなかなか悩ましい。。。特にあの羽の鮮やかさ、光沢をどう表現するかに焦点を絞って仕上げました。

テクニック的にはさほど難しくない色の重ね方ですが、とはいえ写実性をできる限り落として印象だけを際立たせる方法は安易に見えるもの。

ラメを振りかけただけに見えますが、光量の加減で羽の色が明るくも深くもなる様な仕様にしています。

そんな幾重にも重ねた羽の色は是非実物をみて欲しいし、フィールドで使ってもらいたい。

もし、それがかわせみに見えたとしたら…

そんなイメージで使って欲しいプラグです。

和歌山のminority TOPWATER BASSFISHINGマイノリティさんにてご覧になれます。



posted by 4S at 15:16| Comment(0) | ルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風一過

関西はやっと台風が通り過ぎました。
なんせ速度が遅いので、暴風の時間が長くて眠りにくかったので疲れがよくとれなかったのですが、朝の爽やかさがそれを拭き取ってくれました。

まだ台風の残る地域の方々は心配ですが、お気をつけて下さい。

投稿者プレゼントをお送りしたところですが、ご投稿を頂いてますのでご紹介。

今回初のお方です!
5B0620BB-A454-4185-BF79-AB39E8DB48F3.jpg

「子守りでここ何年かなかなか釣りに行けてませんが、

本日、時間が作れましたので、釣りに出かけグッドゴッドで釣れました。

 

釣りに行けない時から、4Sを少しづつ揃えてました。

やっと釣りに行けて、4Sルアーで釣れたら釣りに行けてない期間の

うっぷんも一気に吹っ飛びました(*^_^*

 

ルアー制作お忙しいでしょうが、体調には十分注意して頑張って下さい。

次回作ルアー楽しみにしてます。」


と頂いたのはYさん。

子守の合間の釣りなんて、父親の鑑ですね!

4sはそういうパパさんを応援するために日夜頑張っております!笑

ご投稿文も、嬉しいじゃないですか、これでまた頑張れそうです。

Yさん、ありがとうございます。

またのご投稿をお待ちしてますね!


皆さんも、4sまたはparabolicsプラグで釣れたら是非#4sandparabolics タグか、4ssosurface@gmail.comにご連絡下さいね!





posted by 4S at 10:44| Comment(0) | 釣果投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

投稿者プレゼント

「抽選ではありますが、プレゼントも企画しておりますので、奮ってご応募下さい」っていつやるんかなぁ?って思われていた方々、今です!
急にやります、投稿者プレゼント!
今回はこのプラグ
4D5FA71D-3C0C-4E12-9A7E-64240AC8902B.jpg
今年の初めからテストしていたシングルスイッシャー。
結局2タイプが出来ました。
どっちにしよう?って思ったら折角プレゼント企画ですから2タイプともお送りしましょってことになりました。

26F1828B-3EF1-4FC6-B62E-CF40BB8AAAB2.jpg
この1〜2年でご投稿頂いた方のお名前を羅列しては、
DF62122F-EAF5-4708-9FF9-1CD956FD141E.jpg
切り取ってドン!
こう見ると人数少なめに見えますね…
とはいえ、過去最高人数でございます!ちょっと驚きでございました笑

というわけでガシャガシャ回して、
作ったプラグの分の人数を抽選致しました!
この2〜3日中にご連絡させて頂きますので、投稿したぞって方、どうぞお楽しみにしておいて下さいね!

4s、parabolics共に両ブランドのプラグで釣ったよって方はご投稿よろしくお願いします!

それでは今後ともよろしくお願いします〜
posted by 4S at 12:04| Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

風が強かった

あっと言う間に時間が経ってしまったわけなんですが、二週間前の釣りの話を。
近頃少し暇になった知人の急な誘いがあって琵琶湖へ行くことに。
前日の昼には予報は強い風が吹くという中、夕方になり「大丈夫!午前中なら1メートル予報出てるで!」というので、期待をしながら3時に集合、出発。

到着、5時。強風。
75DEB9E5-3CDD-4E26-95E5-60757565CD90.jpg
とはいえ、風向きのお陰でワンドの中はほとんど無風だったので、その辺りでボートを出して狭いながらも投げて行きます。

このところ釣れている羽根モノを葦際に投げて行きます。フロントシートの同船者にバイト!その後を投げていくとひったくるように羽根モノが消し込まれて、竿を持っていかれる様な強引な引きが!
2981992F-3AF2-4D1C-8D79-BA4ED6C6B04C.jpg
46センチの琵琶湖らしい体型のバス。
羽根モノがややバタつく程度の速さで巻いた時に出ました。

しかしこの後が続かない。
風向きも変わってきたのでポイントを移動する事に。風の向きに合わせてポイントを変えていくのが琵琶湖では大事です。
同船者に釣ってもらいたいし、どこで釣りをするか悩んだ挙句、河川型のポイントへ。そういうところでは比較的風の影響は避けやすい。

河川なので、少々流れはあるのでその流れに任せながらポイントを打って行きます。

打ち尽くされているとは分かっていても打ってしまう橋脚が現れたので、そこへアプローチ。

期待もしていなかったのですが、そっと投げて巻いて来ると手前のブレイクからバスが現れます!
0C738173-25D9-4C3A-86D2-B817E6BA9644.jpg
竿が何度も引き込まれ、上がってきたのは53!
羽根モノがまたもや活躍してくれました!

今季初50アップだったので、これは嬉しかったですね。

そこからは同船者に釣ってもらおうとガイドに徹します。


また別の橋脚付近でようやくきました!
激しいバイト!!絞り込まれる同船者の竿!!…だけど嬉しそうでもない同船者。えっ?どうしたんでしょうか?それもそのはず7B88E83A-9047-4C0F-AA02-F0E34F947CE6.jpg
かわいいサイズです
普段ならそのサイズでも良いと思えるはずなんですが、うっかり僕が良いのを釣ってしまったが故に、何だか不満げ笑
とはいえ、続けます!
E3324067-1ABA-4210-B951-7E4289FD4EF7.jpg
ここにきてようやく連続バイトとなりましたが、やはり風向きが変わってきて影響が、で始めたので上がる事に。

二人とも2本ずつという事で!
なんていうとやや機嫌悪くなる同船者笑

そんな事を言っても楽しくない訳がないバス釣り。次は釣ってもらいますよ!と約束してお昼前に帰路に着くのでした。
posted by 4S at 09:56| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

手一杯

あっという間に9月に入りましたね。

少し間が空くと忘れられるんじゃないかとか、死んだ説が流れるんじゃないかとか不要な心配をしてしまいます。

そんな僕はというと、釣りばっかり行っている訳ではなく、次のレギュラーや某ショップのオリカラ(追ってごお知らせさせてもらいます)や新しいプラグ開発などに追われております。
2039B99B-2A77-4EE1-B851-A7F6A5C23078.jpg402ADA1A-E2E0-4166-902C-B5A01E31DC30.jpg4CCB79FA-400D-4413-BBE0-72E25D61A1ED.jpgF63AF6EB-5947-4454-BBC8-9201DD834EE2.jpg

ウッドものの4sプラグが今は多い感じですね。

投稿者プレゼントも作らなきゃならないし、バタバタとしつつ、坦々とこなしていきたいですね。

また釣りもお仕事が仕上がってきてもアップしていきたいと思います。
posted by 4S at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

この夏1番の暑さ

エアコンが壊れました。
朝見たニュースでは天気予報で「今日はこの夏一番の暑さになりそうです」という事でした。

だがしかし、工房は大抵36度ぐらいなんです。夜9時ぐらいになってやっと34度という熱の抜けの悪さ。外で仕事したいと思うくらいです。

そんな調子の毎日ですから、水分補給は当たり前、1日のお茶とポカリスエットの消費量は尋常じゃございません。
扇風機との距離なんて30センチ程度。

そんな毎日だとやっぱり疲れが溜まってくる夕方あたりで外に出たくなるんですね。
温い空気が漂っていると分かっていても、工房に比べたら「嗚呼、涼しい…」と声が漏れるぐらい心地よいのです。

そのついでに歩いて行ってオカッパリ。先日手に入れたタックルの調子を見たくなりました。
F4A35B34-64E7-4ECC-821B-9CED8CA0BC97.jpg
オールドタックルというには中途半端なふるさ。中古という具合の感じではありますが、なんとなく懐かしさを感じます。
イメージとしては幼少期に見たロボコップさながらといったところ。

竿はカーボンロッドなんですが、ML程度あればうちのルアーは背負えるので、それを引っ掛けて野池にむかいます。

で、ドン!
956C84F5-FF80-4675-91FF-2711846F36C1.jpg

ヘトヘトな身体も、この1匹で随分報われます。
彼も夏の暑さで痩せてみえますね。
羽モノもヘトヘト動いてたから、つい反応してしまったのでしょう。

そんなこんなで、新しくもないニュータックルの入魂は完了しました。

これを今後使っていくかどうかは別として、昔ながらの慣れもあるのか案外使いやすかったので、ご近所行くときはこれを使っても良いのかな?
なんて思いながら、工房の蒸し暑さを避けつつコレを書いております。

皆様もまだまだ暑さが続きますので、お体にはお気をつけてくださいね。


posted by 4S at 21:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入手

2D792752-CF25-49D7-A366-205BB0907021.jpg
いつのタックルやねん!

ってお声が聞こえそうですが、
最近うっかり入手してマイブームのフジグリップ。

しかもEVAのものが気に入ってしまいました。

その見た目の特性上、載せるリールに悩ましい部分が有りますが、何故か持ってたこのリールを載せたらあら不思議なフィーリング!

新しくなんて無いはずなのに、最先端ちっく!!

僕が作るプラグには全く不似合いなタックルになってしまいましたが、しばらくはこれで。。。
posted by 4S at 00:59| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

夕マヅメのレザボア


レザボアって聞くとなんじゃそら?って思いがち。
そんな言葉はタランティーノの レザボア・ドッグス って映画に使われているきりだけど、「reservoir」と英語にすればそれがリザーバーと読め、貯水池ということが分かる。つまりダム湖。
気が向いた時ぐらいで、ダム湖をレザボアと呼んでいきたい。

近畿圏の、というか日本のダム湖は川を堰き止めたものがほとんどで、アメリカのいわゆる貯水池とは雰囲気が随分違うものではあるのだが、そこはバス釣りという遊びの気分でそう言うのも良いのではないかと思う。


0F19FBC2-4986-4C30-ACE9-4CD8DEADE2A0.jpg

到着すると虫の声がかしましく、緑に包まれたその場所が爽やかな空気に包まれている事と、餌が豊富だという事を感じさせる。

友人との予定もあって、このダムに来たのは一ヶ月ぶりだったろうか。

F424B86A-15EB-4344-9061-BC90E7790CBF.jpg

タイミング良く、この日は終始風も無く穏やかな湖面が続き、ボートを進めるのが気持ち良い。

ところどころでバイトはあるものの、じゃれてくる程度で、なかなか水中に持ち込まない。
とはいえ、その時々見せてくれる反応が集中力を高めてくれる。

ここで、一気にバックウォーターへ登ろうと決めたのもそうした事が続いたからだ。

9747FC68-1411-4986-837C-8AB06A7C8119.jpg

この時期の上流部は瀬になった川が堰の様になり、そこが終着点。
これ以上登れないところまでやってきた。

この辺りは浅く、幅も狭くなっており、登ってくる途中には感じられなかった水の流れがある。

まばらに沈んだの岩の裏側に流れが穏やかになるところ、反転流を生み出すところがあり、流れが複雑になっている。

その岩の裏側にボートを着けて、流れに逆らうように、または流れを利用するようにルアーをキャスト。
こういうところで釣りをすると嫌でもプラグに集中しなければいけない。その緊張感が好きだ。

そして、それを割って出てくるのがブラックバスという魚の面白いところ!

D0B11CA1-19EA-4F22-9492-75F194D42219.jpg
プロトタイプの羽モノが吸い込まれた。

岩にボートが座礁しないように気遣いながらの操船をして魚を取る難しさはあるものの、ようやく釣れてくれた。ファイトが素晴らしい1匹だった。

そのまま流されながら、釣りを続けていく。
4CEB059F-EF4A-491F-B806-7E42A8183476.jpg

FBA67147-65D9-484A-984A-D8487B9B8A3A.jpg
まづめ時を迎える事もあってか、そこから二本釣れてれた。

ボイルも辺りで繰り返され、友人のプラグに出るもなかなか乗ってくれない。

しばらく釣りを続けていたが、結局この3本で終了。

船を上げる頃にはすっかり暗くなってしまったが、3本も釣れてくれたらそれだけで上出来だと思えたし、そのうち二本はサイズも良い。

こんな気持ちの良いロケーションで、これだけ釣れたらもう言うことは無くて。

ただ、涼しい夜の空気と暗くなってもなお、かしましい虫の声に少し秋の気配を感じながら、ボートを車に載せると心なしか寂しい気分にならなくもない。

だけど、秋は秋の釣りが待っている。

今回の様な釣りをこのダム湖は約束してくれるだろうか?
14A4F30E-2235-4CB3-A5EE-6F697815D2BB.jpg
そんな淡い期待を持って、帰路についた。
posted by 4S at 09:26| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする