2019年05月17日

リザーバー

278A084A-F2F7-49C6-AB68-29F01BCCA75F.jpg
こんな景色の中、釣りが出来るなんて幸せです。
posted by 4S at 23:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

work track 1日目

75590722-7510-4B73-8076-1453381258DF.jpgDF9F8DA2-8CD8-4AD1-9E64-026F373F94BE.jpgE02B5B43-4A54-4F0B-AAF8-D5B4E1682672.jpg7A66BC90-FBB8-4966-98E3-A491269ED081.jpg

work track 1日目!
盛況のまま終えることができました。
来てくださった方々には感謝です!

今日(5/5)も夕方まではお店に立ちたいと思います。


お時間ある方は是非いらしてくださいね

posted by 4S at 09:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

明日からwork track

911AACD2-7245-4E44-A251-1AB5135C76D3.jpg
さて明日から!

よろしくお願いします。
posted by 4S at 13:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

BHS そして 告知。

シルバーミノー表紙.jpg

もう少ししたらお店に告知をいたしますのでしばらくおまちくださいね!!
posted by 4S at 16:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

KCH

100DEDB0-DA51-4C6F-8B8D-E9BCC6581DBC.jpg
KCH。イエローレッドマスキーって言うんですけど、名前とカラーコードの関連が良く分からないんですよね….明るくないのに、すみません。

でも、この色が好きで時々自分のルアーにも塗るんです。

視認性も良いですし、扱いやすい色ですよね。使ってて楽しいんですよね。

KCH。KFC。KCH?
posted by 4S at 16:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

イワナ

C171D46F-86BD-4F27-A1C7-0CCF4440B5F1.jpg

久々に塗りました。
イワナ。釣りキチ三平コラボ以来ですね。あの時のカラーとは違うところが多々ありますが、今回はシルバーミノーはベイトフィッシュ感ある色で押したかったんですね。

ベイトフィッシュといえはリザーバーにはアマゴがいる事が多いんですが、イワナっているのだろうか…かなり少ないかいないに近いと思います。それでも、ぼくはイワナが好きなので今回はこれです!

このプラグで他にもベイトフィッシュシリーズやってみたい気もしますね…

釣れそう…我ながら…笑
posted by 4S at 13:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

ジムフィファー

779A555B-25C1-4F33-BDE4-8CD565C704FE.jpg
慣れた色ではないんですが、フロリダシャイナー、塗ってみました。

ルアーのフォルムに合いそう!ってなんとも短絡的な理由なんですが。

先日、知人とメッセージのやりとりをしていて「フロリダシャイナー塗らないんですか?」と言われ、今まで塗ってきてない事を明かしました。

というのも、フロリダシャイナーを日本製のルアーで塗られたものをいくつか見た時にあまり魅力的に感じなかった事が起因して塗ろうとは思わなかった。

とはいえ、アメリカンルアーに塗られたその色はなんとも良い意味で粗野で、配色がどんなものが元になったかが非常に気になる、魅力的な色という認識はありました。

その色が日本人の手にかかった時にどうも腑に落ちなさが僕個人にはあった。なぜだろう。

その理由を探るため、何回か自分で塗ってみることにしました。すると意外な事が分かりました。

まず、配色の強さ。グリーン、シルバー、黒、オレンジ…配色に強い色が並んでいます。これがうまい具合に同居している事の妙がすごい。それはドットがリズムよく並んでいる事で野暮ったさをギリギリ回避している。
これはきっと元がスケールであっただろう事を想像すると、魚っぽく見えなくもないので、かなり抽象化された状態にある事を示しています。そして、この配色のキモはお腹がわのオレンジ。これが強烈なのは、ブルーギルの腹辺りの色を彷彿とさせるからだからと思うんです。
このフロリダシャイナーという色が、どこか馴染みやすい気がするのはおそらくその辺りではないでしょうか。

だがしかし、アメリカンプラグにあって日本製にはない迫力。それは塗り方と言う他ないんですけど、基になっているデザインの完成度とそれを行うプロダクトがいかに考えられているかの表れだと思うんです。

だから、いわゆる「雑な塗り」が活きてくる。誰が塗ってもだいたい同じように塗れるように工程が組まれていて、仕事として塗り手がこなしていく。

日本では工程を丁寧にこなすのが是とされますが、アメリカ、とくにルアーなんかではその辺りは数をこなす為にどうするかが優先されるわけですが、その結果出たある種の ほつれ みたいなものが魅力になっているというのが 面白い所だと思います。

これはparabolicsのプラグを僕が塗る時に一番意識している事で、よく「ステンシルボケてる」などと言われますが、ボケ出る方の味、つまりは ほつれ みたいな部分を僕は魅力だと思っているから。

これはきっと誤配の様に、意図したものとは別の場所に届いてしまった事を誤って受け取ってしまったことに面白さを感じているからなんですね。それを再現したいと思っているからこそ、今回のこの色に挑戦してみる価値はあるのかなと思った次第です。
一見誰が塗っても同じ様な色だと知っても、こういう背景がある事を感じてもらえたら幸いです。


posted by 4S at 14:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

目がない!

11111BA1-C31A-4857-BDF7-6DE7F9E39070.jpg
「目がないルアーは売れないよ」なんて駆け出しの頃は良く聞きました。

だけれども、口やエラ、鱗があればどうでしょう。目は無くとも、表情があるような気がしてきませんか。


これまでのノーアイのルアーは無機質感がありましたが、今回ぼくが作りたいのは「有機的な」ノーアイのルアーです。

目は無いんですが、使う人がそれぞれが目の位置をきっと想像してルアーの形を補完してくれると思うんですよね

そういう使い手の想像力を膨らませるルアーがぼくの目指すものでもあるので…

手にした人にどんな風に見えるのかが、気になります。
posted by 4S at 01:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

よりめ

A0CB38E5-69BB-4F88-A906-5805886647F6.jpg
ふだん、ペイントアイをやっていても、寄り目に意識的にすることは実は少ないんです。

といってもそこはparabolics、色んな表情がありますので届くまでどんな顔が来るかは分かりません。

次の色はどんな色?楽しみにしておいてください!
posted by 4S at 19:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

ハンドカービング

4E9657BF-FBB9-4670-B196-665FAAF315E8.jpg
今回はバルサ材なので木が柔らかいという特性があるから削りやすいかなとおもってましたが、大いなる勘違いでしたね。

ただ今ハンドカービング真っ最中で、そろそろ終盤なんですが、とはいえ、インフル明けてから働きっぱなしの手もだいぶ疲れてきました。

これは今回が終わったらすぐにでも技術開発に乗り出さないとキツイぞ…

とりあえずはこのままやりきりますが!!!

頑張ります
posted by 4S at 14:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

お大事に

D1276AC1-FFA6-4B61-AB36-5CF39BCF0014.jpg
今日、インフルエンザにかかりました。
しんどいです!!
posted by 4S at 20:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

次回はparabolicsです。

前回のレギュラーリリースは4sのモノだったんで次回はparabolicsモノです。

そういう順番だから、というわけではないんですけど、そういう感じのスケジュールで動いた方がやりやすいというのはありますが、昨年はparabolicsのプラグをテストしまくっていたので、parabolicsが続く事もあると思います。

よく、「4sがウッドでparabolicsが発泡なんじゃないの?」と言われますが、そういうわけではなく、あくまで僕の中でのコンセプトでルアーに使う素材を分けている、と言った感じなんです。
なので、次回作、silver minnowはバルサ材を使います。

思うところあって、バルサ材の中では少し重たいところを使う事にしました。

F8311DB4-BFFC-4101-A94C-656B12480BE4.jpg
(バルサ材なので、ヒートンを挿すところには補強のハードウッドを入れる穴を開けます)

今は穴開けがいつもより深めに開けることとでいつもより時間がかかっております。。
DBC10175-E73B-419A-BC02-3AC45F6B6C20.jpg

今回のプラグはダブルスィッシャー。
ドッグウォークなどよりも、直線引きに重きを置いております。直線的に引くだけの釣りではどうしても飽きやすくなりますが、そうならないように、そして釣るためのギミックとして今回は音にこだわりました。

音にこだわったプラグは今日では珍しくないものの、いきさつがあるのでご説明させて下さい。

開発当初は発泡素材で作ろうとしていましたが、発泡素材ではその構造上、音を吸収してしまいやすくなります。

過去にギターを作った経験もあるので、木なら音を活かせるだろうと考えました 。

現在、4sで使っている木材であれば音の面は良いものが出来るという確信はあるのですが、さまざまなコストの面や分かりやすさなども踏まえて、バルサを今回は使用する事にしました。

運良く、スーパーブッシュさんでフリューエントスピナーBのナチュラルカラーなどを作っていたので、バルサの扱いに慣れてきていたから、というのもあります。

特にバルサ材が空気を多く含みやすいので、「音が大きくなりやすい」という特性があるので、直線引きをする時の音を感じやすくするのが狙いです。

そして、そんなバルサ材の中では比重が重いものを敢えて選びました。

比重が重い木材は音量が小さくなりがちではあるのですが、比重が重くて硬いものはエッジの効いた音になりやすいのです。(これはあくまでバルサ材の中で比較した時の話です)つまり、プロペラやカップワッシャーなどの金属が当たるチリチリといった高音域の音を強く出すためにそういう木材を選びました。

(とはいえ、普段のハードウッドよりも比重は軽いものです。)

という事で、今回のsilver minnowはウッドながらparabolicsプラグです。

一体どういうものに仕上がるでしょうか?
乞うご期待。

また追い追いカラーなども上げていきますので、しばしのお待ちを…



posted by 4S at 14:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

あ、そうだ!

先日の Huerco Cafe に持って行ったプラグたち、

に納品致しました!

フリューエントスピナーBについては説明は不要かも知れませんが、ショートプロップ装備なのでアクションはこちらはいつものよりも軽やかです(当社比)ペラが小さい分、ただ巻き時の動き出しは比較的良くないですが(反りボディでプロペラ部が水面よりも少し出やすい分、水が噛みにくい)プラッギングはしやすいですね。

普段のものとの使い分けは、止水よりも流水気味のところで使って頂きやすい仕様です。

あと、シルバーバグとゴールドミノーに関してですが、店頭で触って頂くと分かるんですが、明らかに音の出方が違うんですね。
大きいボディは音が太くなり、小さなボディは高音域がはっきりと出やすくなったというか。

自分が過去にギターを作ったりカスタムしていたことがあったのでそのあたりが差として特に感じられると思ってます。
(楽器でいうとウクレレとクラシックギターの差という感じでしょうか。)

今回parabolicsのプラグでありながらわざわざバルサを使ったのは、音色(おんしょく)の違いでフィールドや釣りの選んだりできるところはユニークだな、と思ったからですね。

今回単色で出してみたのも(単色が好きというともありますが)音にフォーカスしたから、というところが強いですね。

同じく、スラッシュホグも見た目の仕様はもちろん、音の出方が違う事を感じてもらえたら幸いです(プロトはウッドだったこともありますし、同じ素材を使いました)

という感じで、2019年は音にこだわったモノをリリースしていく感じです!
どうぞ、お楽しみ下さいね〜

posted by 4S at 13:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

祭りのあと

39879E36-9AFB-45AD-A383-4CAC4B2434B4.jpg


フエルコカフェの三日間が終わりました。ご来場頂いたみなさま、本当にありがとうございました!


色んな出会いもありましたし、いつもの方も久々の方もお世話になってる方も!

やっぱり人とお話させていただくってのはなによりもしあわせな事ですね。


いつも6畳程度の工房に篭りきりですので…

今回の参加は本当にこの仕事やってて良かったなぁと思えました。


それではまた明日からも頑張ろうと思います!ありがとうございました!!


 


posted by 4S at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

フエルコカフェ 2日目

DFBA23F4-B544-4B20-9C90-19F18D2EFB83.jpg

大阪フィッシングショー一日目、フエルコカフェ二日目!

今日はフィッシングショー帰りの方、フエルコカフェに直接来られた方も含めて沢山の方々に来て頂きました!心より御礼申し上げます。

お陰様でルアーもよく売れて、早速の売り切れてしまうものも出てしまいました…

とはいえ沢山作ってますので在庫はまだまだあります笑

声もガラガラ体はヘトヘトですが、また明日も楽しみたいと思います!

9211EEA1-CE51-4AE3-86F0-B11A52F56907.jpg
昨年買った絵本「きりみ」の作者長嶋さんにサインを求めたら「魚、何か描きましょうか?」っと言ってくださったのですが、ブラックバスは書いてもらっていたので、無茶振りで、ダズルバグを書いてもらっているの図、です!

posted by 4S at 01:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

フエルコカフェ1日目

DBF621F5-BF47-4F6D-A1E3-27AB424C05A9.jpg
2月1日、フィッシングショー業者日、フエルコカフェ1日目に来てくださったみなさま、ありがとうございました。そしてすみませんでした。

前日に設営に来たは良かったのですが、夜になり早めに休んだものの、頭痛が急に起き立ってられなくなり、中途の作業もせずに休むことにしました。

当日の朝、それでも良くならず、とはいえ行かねばと、結局会場に到着したのは15時…僕のいない間にいらした方々には大変申し訳ございませんでした。

1日22時現在、体調はそこまで悪くは無いので明日こそは朝から会場入りしたいと思います。

それでは、また明日。
posted by 4S at 22:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

只今急いで製作中です

7B59FDFC-75B7-4AD6-A9B9-4DF6D8B85387.jpg
こんな形のものです。
ここから削り出します…
posted by 4S at 23:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

大変遅くなりました!

僕にとっての2019年がやっと開けようとしております。
大変遅れておりました
ダズルバグ、フックマフ、マスタッドフック、パラボリックスステッカーなどなど、やっと只今発送致します。

お待たせいたしました小売店さま、お客様には大変ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

こんな、情けない始まりとなってしまった2019年ではありますが、本年もよろしくお願い申し上げます。

つぎはパラボリックス「大人げないダブルスイッシャー」ことシルバーミノーです!
今回は発泡ではなく、バルサ製になります。

その前に、、、2月2日〜3日で行われるフィッシングショー。
その「近く」で行われる「フエルコカフェ」に出展します。1日もやっております!(フィッシングショーは業者日になります。)
そこでも色々と販売させて頂くのでお楽しみに。


現段階では、「引くぐらい大人げないダブルスイッシャー」「おっとなげないダブルスイッシャー」「日本で一番遅く引ける沈むタイプのバズベイト」が決定しております。

詳細はまた追ってお伝えさせていただきますね!そんな感じですが本年もよろしくお願い申し上げます
posted by 4S at 17:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

大変申し訳ありません!

大変申し訳ございません!

ご注文、ご予約頂いた「4s ダズルバグ 」等々、本年中の発送が出来なくなりました。

遅くとも1月上旬にお届け致しますので、今しばらくお待ち頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

posted by 4S at 15:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

ダズルバグ カラー

PC090019.jpg

WCDS


PC100043.jpg

BH

PC090007.jpg

BG

PC090014.jpg

WSC

PC090005.jpg

NP

PC090012.jpg

MFBR

posted by 4S at 23:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする