2018年06月11日

アカシブランドさんとの釣り

6月10日日曜日。曇り。時折雨。

6CD46DF3-50F6-48D1-B605-DABD454E670B.png

ひょんな事がきっかけで、というのはきっとこういう事なんでしょうね。

偶然に偶然がかさなって、タイミング的にもよかったので誘われるまま琵琶湖に行く事になりました。
464A499D-C8FD-4089-BBBA-EA600CB1D363.jpg

前から明石さんのバスボートに乗ってみたいとは思っていて、やっと念願の日が来たなぁと嬉しかったのでパチリ。

そうこうしている間に出船。
0B2A8948-E62C-4F00-B3B6-A0E9B98BC890.png

このくらい日が上がってからの出艇ではありますが、ここは期待しかありません。なんてったって、ガイドさんがいるのだから。しかも、トップウォーターのガイドさんです。安心感が凄い。

1E26E521-57CE-4075-85AA-DDBDF580788E.png
当然トップウォーター的に良さそうなポイントをいくつか回ってくれますが、そこはガイドさん、当日の状況に合わせた釣りになるようにさまざまなポイントに行ってくれます。

そこで気づかされるのは、バスボートの機動力って、結局は魚を釣る為にあるんですが、釣りのゲーム性を広げる為にあるんだなという事。

同じトップウォーターの中でも、ほかの乗り物と違うゲームの組み立て方で釣りをするのは本当に新鮮で、おもしろいです!

ルアーの選択も当然変わってくるし、投げるポイントもいつもと同じようで随分と違います。

ぼくがつい、いい感じに見えるポイントに投げていた時に違う方向に投げていた明石さんにバイト!いい魚の顔が見えたのですが、惜しくもバラし。
良いポイントだと思っていても違うところで出す辺りはガイドさんの釣りのロジックの組み立て方が成立している証拠。これもまた興味深いところです。

そうこうしている間に、どうやら当日は厳しい状況だと気づかされます。スポーン絡みとベイトの小ささにどうやら他のオールレンジの方々も苦戦している様子。

それなら、と行ったポイントの葦ぎわに投げたスラッシュホグがに激しいバイト!
32EAA9F7-4233-48DB-9EBD-59CA37B6A7CE.jpg
プリスポーンの良い魚!
55センチ強、2.8キロのナイスバディでした。これは嬉しい!

そんな余韻に浸っている中、
AEC6EE13-B06A-4D10-AE19-E05C41DB6603.jpg
アフターの魚ではありますが明石さんにも56センチのバス!ルアーはノリーズとのコラボレーションルアーのギルトップとの事。マッチザベイトが決まった一瞬でした。

それにしても 二人して55センチアップは上出来ですよね。

ですが、この日、さっきのバイトとこの二つだけのバイトで終了…その辺り、季節的に良いはずの6月ではありましたが、ガイドの凄さと同時に釣りの難しさも感じます。ですが、その辺りは全くもって面白いところではあります。

とはいえ、結果は結果ですし、昼からぼくが用事があったので納得してお昼で終了。

やっぱり多くの経験をしている釣り人とつりをするのは、単純に勉強になるし、僕にとって新しい釣りの側面が見えたので大きく有意義な1日となりました。

この体験はきっとほかの釣り場でも活かせると思います。

気になる方は是非とも体験してみてくださいね!あと、アカシブランドのプロトタイプのプラグも気になるものばかり!その辺りも含めて、オススメです!!

posted by 4S at 08:45| Comment(0) | 釣り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください