2017年07月04日

parabolicsの硬質発泡について

「31センチ…ですが初場所のダムで釣れて良かったです」
と頂いたのはSさん。
0969CE8C-8478-428F-AACA-33C1343F9A78.jpg

この色は昔のレーベルやノーマンなどで塗られていた別の「パロット」なんですよね。
クランクベイト繋がりってところもあるし、僕も4sではよく塗っていたパロットもありますし、その辺りの文脈も楽しんで頂けたら幸いです。

と言いつつparabolicsの硬質発泡樹脂はこの短い間でも3回ほど種類が変わっています。

今はウッドと遜色のないぐらいタフさがあるタイプのものを使っています。
タフと言うことはやや比重に影響がありますが、この時のwobble-Uは素材自体の比重がバルサ並みに軽いものになっています。

ただ、そのままでは強度に不安が多いので、
強度を補足するためにフレームを入れているために重量としては次回のグレートスラッカーと同じく1オンスほどありますが、バランスの作り方が違うので操作感や着水の感じもまた違います。
(wobble-Uとプロウルフィッシュのみ同素材)

多分、次回同じ素材で作るとすれば従来の価格では無理ですので、気になる方は是非今のうちに探して見て下さいね。

parabolicsの硬質発泡樹脂はルアーを作る度にルアーに合わせてどんどん進化していってますので、今後も期待してもらえたら幸いです。
posted by 4S at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック