2017年04月28日

GW前に。

いよいよゴールデンウィークですねー。そろそろ釣れ出していよいよいい時期です!!

バステイカーを先日出荷してピステイカーとどう違うの?とか、なんでアゴが2段階カットなの?とか、そしてそれはそこまで大したことなの??とかお思いの方もいらっしゃると思いますのでご説明させて頂きます

RH.jpg

まずはピステイカーとバステイカーはよく似たバランスのダブルスウィッシャーであることはそうです。
お腹にダブルフックが二つ乗っていて、同じペラを搭載しています。なので兄弟的に名前を付けました。

ですが、皆さんご存知の様にピステイカーはボディは長く鼻先が細い、「ダイビングするダブルスウィッシャー」です。軽く頭を突っ込むことでターンもさせやすく、ストレートジャークでダイビングさせて浮き上がるタイミングで食わせる間を意図的に作ることのできるルアーです。個人的にはシルエットもさながらミノーライクに考えていて、その様にプラッギングするために作りました。
RH.jpg
でも実は欠点があって、ターンやダイビングは良いんですが、その時に出る糸ふけをプロペラが拾ってしまいやすく、どうしても絡まん棒やチューブが必要になってきます。
それでほとんどのトラブルは防ぐことが出来るのですが、ペンシルベイトなどの様々な操作系のプラグをつかうのにこの僕が不精なことと、スナップを使うこと、PEラインを使うことも最近は多くなってきて(オカッパリをすることが多くなってきたので)いっそのことルアーで解消してしまおうと考えたわけです。

トラブルが減ればそれだけバイトの可能性も増えますし、それで頭を捻って出てきたアイデアが「2段階アゴカット」です。

多くのダブルスウィッシャーで糸がらみをする原因はダブルスウィッシャーそのものが頭をダイビングさせるからなんですね。もちろんターンをするときに糸ふけが出てしまうのですが、それは仕方ないとしてダイビング分の糸ふけを出ないようにするためにはどうするかを考えた時に、ダイビングをしにくい構造を考えました。
一番いいのはお腹側を全部平らにして横方向の動きを優先することなんですが、それではあまりにデザイン的に味気ないし、ボディに受ける水の抵抗を考えると逆に潜りやすくなってしまう。

それで、頭をカットして水の抵抗を受け、そして下に受け流し、顎の下は横移動しやすく頭を捻りにくくしました。つまり2段階カットの完成です。
「潜ろうとする力を横方向へもっていくことで糸ふけを減らす」ことが出来ました。
そしてピンポイントでのターンが得意なプラグになったわけです
57933FFB-593E-4E0A-A9DE-8BCDDD1D8942.jpg
僕は現在PEラインにスナップというセッティングで釣りをすることが多くなってきて、やはり悩ましいのはライントラブル。この一見ちょっとしたことが釣果につながることは少なからず感じていることですので、それを感じてもらえたら幸いです。
posted by 4S at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック