2017年03月17日

XRCC

リリース情報がもう先に出てしまっているんですが、
カラーのほうの解説をちょっとばかりやっていこうとおもいます。
まずはXRCC。コットンキャンディの骨カラーです。
XRCC.jpg
カラーコードはX-Ray Cotton Candyの略ですね。
骨カラーに「X」がつくのはX線(X-Ray)、つまりレントゲン写真で骨が見えている意味、というのは皆さんご存知の通りですが、今回はワームの色であるコットンキャンディのそれにしました。
CCはRobinでも前回のピステイカーでも塗った色ですね。
スポットではなくボーンなのは、ハッキリとした白にはシャープなボーンが似合うかなと思って塗りました。

それを今回は派手なはずのレインボーのラメをあえてグレーで抑制的にアレンジして、三層アイに似合うようにしました。
モノとしてみた時の静かな感じと言いますか、そういう雰囲気を作りたくて今回は落ち着いた色にしました。
とはいえベースが白ですから視認性も高い色ですし、やはり日光の下ではラメが輝いてくれます。

パラボリックスではペイントアイで合わせる色を派手に、4sでは三層アイを活かせる色を合わせることにより、同じ色でも雰囲気が変わるのが自分では実に面白いところだなと思っています。
そんな色に扱いやすさと釣れそうな効果が乗っているってところもまた、ルアーの色を考える面白さではあります。

そういう風にお楽しみ頂ければ幸いです。
あと5色、ぼちぼちですが解説していきますね。

posted by 4S at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック