2019年07月03日

知らぬ間に。

このところ、トラブル続きで凹んでおります。
PCの電源ユニットが飛び、旋盤は急に止まるし、車をこすりました…

その反面、魚は沢山釣れております!
(釣りには行ってます!)

BFB12CAC-7460-4633-99C5-922354C11E53.jpg
スラッシュホグの小さいの。70BDD5BE-23CC-4498-A873-4938DF007C51.jpg
修理後のスラッシュホグ。F3BB821F-FBCB-4420-9E9B-4F3DF35BB2FC.jpg
わかさぎシルバーミノーDC3D085E-8BC0-45E2-8393-F0AAAE2BC6BF.jpg
knitで出すポッパーA271718E-3307-4BBF-91F4-67927E2A98F7.jpg
スラッシュホグ。

それぞれ別日なんですが、ちょっと釣れちゃうと続けて行っちゃいますね。

プロトのペンシルも良い感じだし、ポッパーは最高傑作と言える出来になってしまいました…(レギュラーで出させてもらえないでしょうかね…交渉します…)

あと、次作はスラッシュホグの小さいやつなんですが、前作のparabolicsのものよりもただ巻きに特化してます。

ですがその分、ただ巻き時の扱いやすさは前作よりも増して扱えるスピードが超低速からステディリトリーブまでと、使える範囲が広がってますので一個あるとかなり重宝してもらえるのではないかと思ってます!これも最高傑作なのではないかと思えるレベル…長かった…そのプロセスもまた改めてご紹介出来ればと思います。

と言うわけで近況報告でした。
暑くなってきましたので日焼けと熱中症にはお気をつけて下さいませ。
posted by 4S at 09:18| Comment(0) | 釣り | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

梅雨

21A1487C-DF89-4FC9-B32C-EB8AFB3CFF64.jpg
プロトのラトル入りペンシルベイトで50くらい。
他にも釣れましたが、まだまだ、アクションとサウンド、扱いやすさを煮詰めないと…

課題は山積みですが、ペンシル好きなので楽しみな作業です。
次のプロトをはやくつくりたい!
posted by 4S at 23:30| Comment(0) | 釣り | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

「釣り小会」やります。

暑くなってきましたねえ。書いてる明日から雨模様らしいですが、ようやく梅雨が来てくれるとなるとジメジメは嫌ですけど、魚は釣れてくれるので嬉しい季節が来てくれることを期待したいですね。



そんなこともちょっと絡んできてくれると嬉しいんですが、来る7月14日、「釣り小会」をしたいと思います。

場所は高山ダムあたりで。

基本的には集まってお昼ご飯でも食べましょうかって感じのユルい会にしたいです笑

釣り大会!!って感じで競うのが苦手なんですよね。釣り下手ですから苦笑
当日大体12時頃に集合して話しながらお昼しましょう。参加人数次第ではお肉も用意しようかなと。

というわけで参加希望の方は 4ssosurface@gmail.com までご連絡くださいませ(各SNSのダイレクトメッセージでも結構です)。
返信にて詳細お伝え致します。

できるだけ少人数がいいですね。まったりやりましょう~


posted by 4S at 13:55| Comment(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

つくりもの

というわけで、時間がかかりましたがやっとこ作りました、丸ノコ盤。

10E28ABB-C019-415E-BA9E-1139208540B0.jpg
「ルアーを作るための治具を作るための道具が必要だな」と思い立って早半年。

ルアー製作の合間を縫ってちょこちょこ道具を揃えていたので、材料を買ってきてよっこらしょっと!という感じで作り上げました。

市販でお手頃な値段で買えるものもありますが、使い方が悪いのか精度に不満がありました。

と言ってもこれも素人手作りですので、完全とは言えないものの、市販品よりも良いものにはなりました。

使い心地や使用後の収納の感じも自分の工房に合わせて作りましたから、個人的には買うよりも断然満足のいくものが出来たと喜んでおります。

これを使って「ルアーを作るための治具をつくる」事がやりやすくなったと、今から期待でやる気が出てきましたよ!

暑くなってきましたが、皆さまもお体にお気をつけて。


posted by 4S at 13:27| Comment(0) | いそがしい | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

スラッシュホグの手直し。

ぼくは一年に2.3回ほどナマズを釣りにいきます。
それは

時間がない!けど釣りしたい。
近所にバスがいなくなってしまった!
けど、近所の運送屋さんの近くの川にはナマズがいるよ。
(あとフエルコさんの竿(XT-510-4C)はナマズ釣るにはかなり良いしパックロッドなので車に常に常備している)

という条件が揃っているからですね。
なのであとルアーとちょっとした用意さえあればナマズ釣りは何かのタイミングでやりやすい。で、ナマズを時々釣っているのです。ACB06F5B-A3E8-4813-AB1B-DD6406E4E2E8.jpg
(サクッと釣って直接触らず即リリースします。フィッシュグリップと針外し用のペンチは必須です!(バーブレス推奨))

そうこうしていると、ナマズのうねるような体の動かし方のせいで、バスもナマズも良く釣れるスラッシュホグですが、こんなことになりがち。
903CC303-596D-42AE-BED0-569F365671B4.jpg
羽の付け根のビスが…2D0DD12B-5DD3-431C-83CE-20760F75F972.jpg
浮いてしまってます!

これは一大事って事でこうなると即分解。

41BABDCF-90BB-4C70-A75E-0C667B984794.jpg

せっかくですから両方とも外します。

用意するものは以下です。

二液性のエポキシボンド。(硬化分数は問いません)
爪楊枝いくつか
養生テープ(貼って剥がして捨てれるテープならなんでも)その台。

4572CAA9-BF17-4D09-94F8-EAACD3DCC084.jpg

とりあえずエポキシボンドを適量出します。
A1F3B7D1-3760-47F4-B2F9-3DE0A9CE5053.jpg
で、ちょっとだけ混ぜます。
そして、ネジ穴なんですが、広がっている事が予想されます。
こんな感じのイメージです。
FE7D60E7-6779-4BB9-A26A-701FDACB2A6D.jpg
発泡ボディのネジ穴が広がってしまうと、ネジが効かなくなります。

この際、ネジ穴の空間を埋めてやる必要があります。
爪楊枝の先を入れるのも一つの手ですが、今回は強度アップを図るために、エポキシボンドを入れます。
こんな感じです。
2F4593B2-BF31-478B-8502-5F99EDC44114.jpg
イメージです笑EB9C2DFD-37E8-4B5B-A028-3FBE2D782961.jpg
ボンドを穴の入り口だけでなく、中に入れてやるようにして塗っていきます。

これをやるとお買い上げ当初よりも強度が強くなります。ただ、穴が広がってる必要があるのでお使いになって、広がってからやるという順番が良いかと思います。C2AE0A53-3A3B-4DFF-A98A-7D2812621D92.jpg
ちょっとだけ穴を開くようにしておけれたらベスト。一番左の穴は広がっているので多めにボンドを入れております。

はみ出たボンドはティッシュで強く拭くと綺麗になります。

ついでに、塗装が剥がれたところとかにもボンドを塗ります。
D62C9AF1-F318-4CFE-A287-876644917A3D.jpg
これで防水はオッケー!
ボンドを塗ってから拭き取ってますが、これで充分です。(気になる方は乾かして2回か三回繰り返して下さい)
5F7B4A65-E401-43B2-99F3-01B34F413F76.jpg
今回使ったボンドは5分硬化ですが、30分ほど待ちます。

その間に外した羽の台座を組んでおきます。ビーズが付いたビスが前方向、パーツの爪がある方が後ろです。(写真の様にしてください。

そしてボンドが乾いたら組みます。
(穴が開いていないところは先の尖ったものやピンバイスなどで軽く穴を開けて下さい)
FEDACE5A-BFB6-42E2-85A2-76C10D34F453.jpg
これで現役復帰です!
羽周りの強度が上がっているので、むしろ調整は以前よりもしやすくなったハズです!

ご自身で修理すれば よりルアーへの愛着が湧くというもの。このルアーに限りませんが、ウッドプラグでも発泡プラグでも余程の破断出ない限りは修理して使い続ける事が出来るものです。またご自身では出来ないよって方は 4ssosurface@gmail.com までご相談くださいね。

自分でも良く釣れるプラグとしてお送り出しておりますので、スラッシュホグ、こうして手をかけてやってまた釣りに連れて行ってやって下さいね。
posted by 4S at 15:23| Comment(0) | スラッシュホグの調整 | 更新情報をチェックする

先週の釣り

またちょっと前に行ってきたのですが、日が経つともう覚えて無いような、そんないい加減なものですから、行って覚えてるうちに書きたいなと思いつつ。

それを邪魔するのは、ルアーのアイデアが浮かんできたとき。
今回は特にバランス調整に思うところがあって、それをちまちまといじっていたものですから時間がかかります。 

そうしている間に釣果投稿が来たりしてつい、失念してしまう。そんな感じで書くのがこんな時間(午前2時)になってしまいました。

いつだったかは忘れましたが、行ってきました、釣り。

(ここに聳え立つダムの画像があると思ってください)

前の時よりも減水していて、スロープから水面が遠く、やっとの事でアルミボートを着水させられました。さて、スタートフィッシング。

(広がる鏡の様な水面の画像)

今日は釣れるかな…時期的には十分なはずなんですが、シーズンインからひっきりなしに人が大挙して来たこのダムではそろそろ釣れない人も出て来てます。

そんなプレッシャーが上がって来ている中、今日のお相手はトップウォーター初心者の方。ながらも釣りの暦は長くてらっしゃるので道具は日本製ながらも雰囲気重視に合わせて下さいました。

(渋いタックル…カルカッタにカウンターハンドルってチューンは初めて見ました)

トップウォータープラグはいわゆるハンドメイドものは所持していらっしゃらないのでロビンをお渡しして「気が向いたら使ってみてください」とお伝えしました。

釣り進んでいくと、風が吹いて来ました。

(白波が立っている水面)

またか!前回も風に悩まされたのでその時のためにと作戦を…あるわけではないのでとりあえずワンドの奥に隠れます。

なんとかそこでは波も立たず釣りを始めました。ぼくは相変わらずポッパーを投げます。如何にポッパーが釣れるかを知ってしまったので、これでとりあえずの一本を、という感じですね。そしたらほんの数投で、
3A9B21D4-3D6E-444A-9A4E-DBF967B37A95.jpg

とりあえず釣れたので嬉しいのは嬉しいんです…ホッとはしましたが、物足りなさを感じながらも次のポイントでサイズアップを!と息巻いて向かいます。

そこからはしばらくの沈黙-silence-…窪塚洋介は良い役者になりましたね…-そんな事はどうでもいいですが、釣れません。

途中、いいワンドの流れ込みでフリュエントスピナーに物凄い勢いのバスが突撃してきましたが、バイトにはならず。惜しかった…

おっとこれは雲行きがあやしいのでは?とおもったあたりでやっとです。

8B22CEFC-9242-4100-BD2E-04624CFD0B83.jpg
ちょっとサイズアップでしょうか…
にしても、サイズは少しほしくなります。

と言っても良いバイトだったんで、楽しかったです!


それから、実は昼下がりに集合したものですから、あっという間に夕方になってしまいました。

マヅメを狙っていきましょうと僕。
明るく振舞って下さる同船者、でもここまでノーフィッシュです。。

(これはぼくとしてもまずい!釣ってもらわなくては!)

と、さいごのなけなしのポイントで、ついにやってくださいましたA8386B56-CD14-47F1-A4D2-4CD78CC09F51.jpgサイズ的にはちょっとは欲しいですが、でも僕みたいなハンドメイドルアーでは初フィッシュでしたので楽しんで頂けたようでした。
それを見たぼくもめちゃくちゃ嬉しかった。
その後すぐ073822BB-2CEE-4705-BDDF-5DA872713C5A.jpg
こーんな感じの一匹を釣って終了です。

小バスに遊んでもらった一日になりましたが、これはこれでよかったかな。

帰りに王将行って、また行きましょう。
そんな柔らかなお話をしてお互いの帰路に着きました。
posted by 4S at 14:21| Comment(0) | 釣り | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

フリューエントスピナーB と シルバーミノー

8A8BD315-2C80-4D19-98EB-4066A2776422.jpg8C629DE1-7B89-4731-BAA8-5095D337F3CC.jpg
3CE7193A-8681-4E37-96B5-1DF82B0934C4.jpg

「おはようございます。

シルバーミノーで3バイト1ナマズ…

フリューエントスピナーBで1バス

完全アフターなバスって感じです。」

とSさんから頂きました。


ようやくスポーンから抜けてきましたね!


回復を待ちたいところです。


ナマズはぱんぱんですけど… 


Sさん、いつもありがとうございます!


posted by 4S at 15:01| Comment(0) | 釣果投稿 | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

反省

先日同様、ウルトラライトと言いますかライトタックルでまた違った同船者と釣りに出ました。
630C689B-B23B-409B-93F1-3B81CC01A114.jpg

朝一を狙って夜駆けしたつもりが、思っていたよりも明るくなってしまいました。

それでも前回釣れていたので、まあ、いけるだろと軽く思っていたのでしたが…

この日の同船者はこの方!

B22EECDD-53FD-4769-930D-2809BF884E28.jpg

背中にフェニックス!
勿論ブランクスもフェニックスです。

バス釣り歴四十年! 筋金入りのバサーでございます。釣りの話だけでも多岐に渡ります。そんな風に話しもしながら釣りしていきます。
なんとも釣れそうな雰囲気があるまま、キャストしていきます。

このリザーバーは今がハイシーズン。1匹目が釣れるのは時間の問題でした。
2A28940F-41C5-420A-B87B-F1D76E3F2FDB.jpg

ray lureというところのポッパーで30ちょっとくらいでしょうか。とにかく同船者が釣れると嬉しい!ここから安心して釣りに集中できます。

前回の実績に従って 良さそうなところを流していきます。

今回は前回の様な景色の写真は殆どありません。何故ならその様な間もないくらい…

EA1D5FE6-0635-464A-90A9-2C6D06076565.jpg

釣れましたから!

前回同様のポッパーで。フック周りの調整もしっかり出来ているのでノリもバッチリです。
8A5C6AB1-6FAD-438B-B5D9-AF3B3E1B9C87.jpg

勿論同船者さんも!

FBFACAD6-AB1D-4833-98CA-FC6F47860478.jpg

ポッパー、使ってもらいました。

相性が良かったのか、よく釣って下さいます。
5445BF94-3B36-4854-8DED-6D4181E6458A.jpgD54D6A52-A314-403E-A791-D04E99126674.jpg

あれよあれよと4匹目!

ここから風が吹いてきて、操船も難しくなってきましたので、風に流される様に船を進めます。

ある岬に差し掛かるところで

F6AED0C4-683E-47EE-B96D-218DA1C6D082.jpg

50いったかと思ったのですが、ランディングネットに入れ、顎を掴んだ瞬間「これは49センチだな…」と思ったらその通り、メジャーで測っても49。そんな数字よりも、ライトタックルなので掛けてからのファイトが如何にスリリングだったか。

それは掛けた者にしか分からないかも知れませんが、分かりやすく言うなら「このバスがあと2センチ大きかったら竿が折れていたかも」というくらいのぎりぎりのやりとり。

これが面白くないわけありません!

ジャンプ、ボート下への突っ込み、どれも慎重にやり過ごさねば、バレるどころか 竿が折れます笑

そんなハラハラを冷静を装いながらランディングまで持ち込んで、訪れる 安堵と達成感は格別なものがあります。

キャストからプラッギング、バイトからキャッチまで、ブラックバス釣りの醍醐味を味わうのにこれ以上あるのかというくらい。基本的な事ではあるけれど、普段の釣りで忘れていたものを思い出した様な気がしました。

釣りキチ三平で一平爺さんが言っていた

「おれない竿と きれないイトでなんでもかんでもゴリゴリと巻き上げるというのはもはや釣りではなく、漁ちゅう事じゃ」

という言葉を思い出します。

その結果釣れた魚は自分にとって大きいと思えればそれで良いし、それはサイズを示さなくても良いのでは、と思います。

釣りの楽しみ方を伝える側として、これは大いなる反省点であると同時に、再確認出来たことが何より嬉しかったですね。

2EF84002-D514-464E-9B56-85971269F90B.jpg

その後暑くなったので上着を脱ぎましたが、風裏に入ったところで釣れたこの一本で終了。

午前中でしたが大満足してストップフィッシング。

帰り掛けに食べたラーメンのうまいこと!

またそんな釣りがしたい。
同船者の方とはまたの機会を楽しみにして別れました。




posted by 4S at 00:56| Comment(0) | 釣り | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

リザーバー

278A084A-F2F7-49C6-AB68-29F01BCCA75F.jpg
こんな景色の中、釣りが出来るなんて幸せです。
posted by 4S at 23:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

ライトゲーム

ふつう、ライトゲームといえば今ではソルトウォーターのアジング辺りを指しますが、今回はトップウォーターのライトゲームとして釣りに行ってきました、と言うお話。
タックルはこんな感じ。
A5E38D2C-B169-4A8D-852A-EDF59EBB2722.jpg
実は今、knitの方でオリジナルのプロダクトとしてポッパーを作っております。その叩き台としてこんな感じの7センチ弱10グラム程度のポッパーを作ってみました。

そのプラグを扱うためにロッドはウルトラライトアクション、バランスを考えてリールは2500Cを用意したのでタックルの軽さにちょっと驚き笑

今から二十年くらい前はこんなタックルでトップウォーターをしていたので、「懐かしいな」って感じではありますが笑

で、近所のダムへ。スポーニング真っ最中で日中は渋いだろうなんて言われてます
9B0D666A-94B4-4971-A446-AE9425B2DE62.jpg
日中が厳しいなら朝から頑張ります!

到着して湖面に出ると少し霧が立っていて、雰囲気は最高です。

岬の先端にザラスプークを通す同船者。
早速のバイトはミスに終わりましたが、水面のよれ方からみても魚は小さくなく、期待できます。
558EA927-D46E-40A1-87AF-8470CD621769.jpg

朝もやの中をキャストしながら船を進めてゆき、ミスバイトをいくつかもらって行った先で、同船者のペンシルベイトが引ったくられました!

0139ABD6-CE6F-4D93-A608-4EB38C27570D.jpg

ニンナのチルク、良いペンシルベイトですね!岬の先端を流していって出る、なんて理想的なトップウォーターでしょうか。

良いもの見れたな〜なんて思いつつ、一方のぼくはナイスバイトを捉えられず…そんな事があった後、ようやく一本頂きました。8650B7EA-3104-44F1-8AC4-7085983F8960.jpg

こんな大きさです。
が、この一本が取れたのは大きい。
ここまででバイトはいくつかあるも乗せれなかったのはフックのセッティングのミスが大きい事が判明、急場凌ぎとしてフックサイズを上げました。

そこから続いて一本!
A56495DC-8308-4ED0-B9A7-ED0FD82AF950.jpg262E086D-3EED-4E96-8BCD-495FDFFC0416.jpg

ようやく40アップ!
良いバイトを乗せられたので我が意を得たりと言ったところ。

この日、3センチほどのベイトの群れに突っ込むボイルが所々で見られたので、そのベイトよりも大きいですが、今回のプラグはそれにマッチしている雰囲気があります。さて釣るぞと意気込んだのもつかの間。。。

その後、昼間は全く反応が見られません。
28DE63DC-4DFE-4191-9831-95E7126BFF98.jpgピーカンになってしまい…
53CD5FE5-57F9-4ACD-B4E9-C1005D74D3B3.jpg
岩を見て…
8CA4B725-D90E-4F23-AF3F-29B702819E50.jpg
同船者の背中を撮りました。

周囲でボイルはあるものの、小バスのバイトをモノにできずなんともどかしい展開。

とりあえず、ワンドの奥で休憩して気分を変えようという事で、上陸します。
2F598794-0CA6-4C28-9C21-B1434080B571.jpg
お湯を沸かしてカップラーメンなど!

そして朝から眠い目をこすってやり続けてきていたので、しばし眠ろうと思ったんですが、どうやら空気が湿ってきました

仕方なく片付け、船に戻ります。
出したところで降り出しました。

B39956E0-A1E0-454B-B645-46C6859C8FE4.jpg

先程までのベイトへのボイルも雨で収まり、雨なのに微妙な感じ。

それでもワンドから出たところでいい感じのバイト!
F159C221-3202-4F76-95E3-F6B856652540.jpg

35センチくらいでしょうか。
竿が普段のモノより弱いので絞り込まれやすく、この大きさでもスリリングな引きを味わえます。楽しい…、でも竿が破断する様な気もするのでドラグを少し緩めておきます。

そしてここから雨も止み、夕マヅメへ向けて良いところを流していきます。

すると66C74B7B-9231-4AA4-A42E-C92F8CB8C190.jpg
同船者に2匹目!
ペンシルベイトが当たる日だったようです。サイズは下がってしまいましたが、大事な1匹、価値ある1匹、という事で笑

その後すぐでしょうか、
ぼくにも来ました!

小さくはないです!
E71623B8-CD67-4B99-A684-A963A3EE4009.jpg
47センチ!
50なくても、ウルトラライトアクションの竿はすっかり絞り込まれてしまってハラハラさせられました。先程のドラグ調整が功を奏した感じでボート下に潜られつつも、慎重なやりとりでなんとか取った魚は大きく感じるものですね。

この魚を取るまで、このポッパーの使用設定を直結、スナップと色々試して結局直結で落ち着いたところでした。
直結ならではのポップ音を数回出したところでのバイトでしたので 狙い通り、と言いたくなるようなシチュエーションで食って来た魚だったので、テストとしては上々かなと思えるような結果になりました。
95E23B87-BC0F-4DA2-AD9F-0994E3CE9E5E.jpg

そして日が暮れつつ、上がりがけにシルバーミノーで一本追加してこの日は終了。

結果としては(上げていない写真もありますが)二人で8本の魚を取れたので良い釣行になったと言えますし、プラグのテストとしては良いところも改善点も見つかったので今後に活かせる形になりました。

それもちゃんと魚の反応があってこそ、ですね。
近々、改善したプラグをもって再度テストに出たいと思います。


posted by 4S at 02:59| Comment(0) | 釣り | 更新情報をチェックする